日本人にとって、占いはどんな意味を持っているのか?

占いの種類と人気ランキング

占いの人気ランキングで上位に位置しているのは、「命」に属する、誕生した生年月日や時間・生まれた場所などから、運命や宿命などを占う四柱推命や紫微斗数、占星術などです。
その人が持って生まれた生来の性質・傾向・人生の流れを占うもので、西洋占星術を簡略化した星座占いは、長年にわたり高い人気を維持しています。

また、四柱推命を簡略化した動物占いは、過去において一大ブームを巻き起こしたほどです。
つぎに、「卜」に属する、人が関わりあう事柄を占う易断やタロットカード・水晶占いなどは、恋愛や結婚・転職など、人生において何かを決断するときに利用することが多く、常に高い人気を誇っています。
おみくじや花占いも、「卜」の仲間で、偶然性や気運を利用して判断されています。

よく当たるといわれる、おすすめの占いは

占いの中で、四柱推命・人相診断・タロットカードやコイン占いは、よく当たるということで常に上位にランキングされています。

なかでも四柱推命は、中国の陰陽五行説を元にして生まれた日本独自の呼称で、生まれた年・月・日・時の四つの干支を柱とし、その人の生まれ持った命運を推察する方法だと言われています。
東洋版ホロスコープを使用した紫微斗数は、四柱推命と併用されることもあり、占いの本場といわれている台湾で大ブームを巻き起こしました。

また、姓名判断や手相占いは、名前の画数や手相など目に見える事象から、その人に及ぼされている現在の影響や今後の運勢などを占うもので、迷える人に何らかの方向性を示唆し、着想のアドバイスになっています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る